レタックス(日本郵便)

電報会社

レタックスは、日本郵便が提供している電報サービスです。
レタックスの特長は、料金が安いことです。税込み 512円で日本全国に電報を送ることができます。

メッセージも最大で1,332文字送れます。
イラストやオリジナルの写真(白黒)も送ることができます。
カラー印刷の場合は、20円アップの税込み532円となりますが、かなりの低価格です。

台紙の種類は限られ、512円の台紙は非常にシンプルなものとなりますが、価格を第一優先にする場合は、レタックスを選択するのがよいでしょう。

特長

とにかく安い

レタックスは、料金が業界最安です。512円(税込み)で全国に電報を送れます
カラー印刷の場合は、532円(税込み)となりますが、これでも他社より安いです。

たくさんの文字が送れる

送れる文字数が、最大で1,332文字と、こちらもかなり多いです。
512円(税込み)で、1,332文字送れます。
ただし、字はすごく小さくなります。
(最小のフォント 9ptにすることで、横37x縦36=1,332文字送れる)

文字を少なくして、イラストや写真を送ることもできます。

もっと送りたい人は、ページを増やすこともできます。
ページは1ページ追加するごとに 31円(カラーの場合は51円)で、最大4ページまで追加できます。

追加のページは、横42x縦60=2,520文字を送れます。
つまり、文字だけの場合、
1ページ目 1,332文字 + 2ページ目以降 2,520 ×4枚=11,412文字 を、
512円 + 31円 ×4 =636 円
で、送ることができます。

11,412文字は、400字詰めの原稿用紙で、28.5枚。
これを、636円で送れるというのは、ちょっと驚異的かもしれません。

イラストや写真も送れる

電報サービスとしては、おそらくレタックスだけが、自筆のイラストや写真を送れます。

イラストは、サイトに準備されているものが数十種類あり、
その中から選んでもよいですし、
画像ファイルをアップロードしてもよいです。

写真も送ることができます。
フォトフレームがサイトに準備されていて、
シチュエーションに合わせたフォトフレームで、写真を素敵に演出できます。

また、驚くことに、用意されたドローツールを使って、
WEB上でお絵かきして、自らデザインした絵柄を作ることもできます。


WEBレタックス こだわり作成

電報の種類

台紙が、お祝い用とお悔やみ用とで、それぞれ6種類用意されています。
(うるし風、織物、刺繍、おし花、イラスト、シンプル)

この他に封筒というのもあり。(郵便局らしい。。)

最低料金

: 512円(税込み)

: 592円(税込み)

配達時間

15:30までに差し出しの場合、当日配達が可能。
(一部地域は13:30まで)