各国からのお見舞いについて考察:「中国の李総理が西日本豪雨に関して安倍総理に慰問電報を打電」というニュースから

ニュース

「中国の李総理が、西日本豪雨による被害に対して、安倍総理に慰問電報を打電した」というニュースが中国系のいくつかのサイトに掲載されていました。

李総理、日本の暴雨被害について日本の首相に宛て慰問電報を打電_中国国際放送局
00:00:00
李総理、日本の暴雨被害について日本の首相に宛て慰問電報を打電 - 中国 - 日中新聞
日中新聞

原文を見つけることはできなかったのですが、「電報を打電」としているので、李総理は電報を送ったという意図で発信していると見ていいと思います。

ここでいう電報とは、通信で文字情報を送ったということで、紙文書による手紙を送ったのではないと言いたいのだと思います。
即時性を重要視する場合は電報の方がよいですよね。電報の特長ですので。

日本が地震などの災害にあうと、海外からお見舞いのメッセージがたくさん届きます。
これらのほとんどは、速報性を重視するので通信での文字情報の送信だと思うのですが、それを「電報」と表現するか、「メッセージを送った」とするか、または「電文」などとするかは、その国の「電報」の浸透度、現在の利用率などが影響するのではないかと思いました。

 

ところで、昨日も西日本豪雨によるお見舞いがプーチン大統領から届いた話題をお知らせしましたが、

プーチン大統領が洪水犠牲者哀悼のため、安倍首相に電報を送ったようです。
スプートニク日本の記事によると、 日本の大洪水の犠牲者を哀悼するために、ロシアのプーチン大統領が安倍首相に電報を送ったとのことです。 プーチン大統領が電報を送ったというニュースがまたありました。 少し前にもプーチン大統...

どこの国からどのようなお見舞いが日本政府に届いたか、公開されているのでしょうか。

日本の行政機関の中で海外とのやり取りを担当するのは外務省なので、外務省のWEBサイトに行ってみました。

そこには、

  • 東日本大震災
  • 熊本地震

についての「各国・地域からのお見舞い・支援状況」がまとめられていました。

外務省: 世界各国・地域等からのお見舞い
熊本県熊本地方を震源とする地震(各国・地域等からのお見舞い・支援)

東日本大震災の「お見舞い・支援状況」は、お見舞いの表明のあった国,地域,国際機関とそのメッセージの一覧表があったり、お見舞いの個別会談の状況が数多くまとめられていましたが、
熊本地震については、お見舞いメッセージのあった国・地域及び国際機関が示されているだけでした。

唯一韓国からの支援についてはその内容が別ページにまとめられています。総額10万ドル相当だそうです。
一方で台湾からも結構な支援をいただいているようなのですが、具体的な内容は外務省のサイトから見つけることはできませんでした。

ありがとう台湾♡熊本地震への義援金が拡大中 - NAVER まとめ
台湾は2011年の東日本大震災で、世界最大規模の200億円超の義援金が集まった。今回の熊本地震でも台湾人の心温まる多くの義援金が集まりそうです。感謝しきれまませ...

台湾=中華民国とは、中国の「一つの中国」論によって、正式な国交がないせいでしょうか。

 

外務省の情報を見る限り、各国からのお見舞いは、ある程度時間が経過してから公表されるようですし、その中身は、詳細にはわからなそうです。

自国民や、被災した国の人々に対して、お見舞いをしているということを広くタイムリーに知らせるためには、自国のメディアなどを活用する必要があるのかもしれません。

 

今回、中国からお見舞いの電報を受け取ったケースについて、中国の李総理のお気持ちに深く感謝しますが、それをみなに伝える努力も必要であると感じました。