ローマ教皇がギリシャの森林火災の被災者にお見舞いの電報を送ったようです

ニュース

バチカン市国が運営する、カトリック系列の宗教を広報するバチカン放送局のWEBサイトで、
「ローマ教皇がギリシャの森林火災の被災者にお見舞いの電報を送った」とのニュースが報じられていました。

教皇、ギリシャの森林火災の被害者らに連帯
教皇フランシスコは、ギリシャの山火事による犠牲者を悼まれた。

アテネの近郊で、7月23日に発生した大規模な森林火災は、50人が死亡、150人以上が負傷する惨事となっていますが、
教皇は、火災の犠牲者らの冥福を祈る電報を送ったようです。

記事の原文はおそらくコチラだと思うのですが、

Pope saddened by deaths in Greek wildfires - Vatican News
Pope Francis has sent a telegramme expressing his sorrow to all those affected by raging wildfires in Greece and assuring his prayers for the ...

Pope Francis has sent a telegramme expressing his sorrow to all those affected by raging wildfires in Greece and assuring his prayers for the deceased.

と書かれていて、telegramme(=電報)の表現が使われています。

記事からは誰に送ったのかは明らかではなかったのですが、手紙を送ったのではなく、電気的な手段でメッセージを伝えたということなのだと思います。

お見舞いや哀悼の意を伝えようとするときは、電報が望ましいと言えると思います。

 

ところで、ローマ教皇はこの他にも世界各地で発生した災害に対して、弔意の電報を送られているようです。

教皇、ラオスのダム決壊の犠牲者に弔意と祈り
教皇フランシスコは、ラオスのダム決壊による犠牲者と負傷者のために祈られた。

ラオスで23日にダムが決壊して少なくとも26人が死亡し、131人が行方不明になった事故が発生しましたが、
これに対して、ローマ教皇は、バチカン国務長官ピエトロ・パロリン枢機卿を通し、ラオスの行政当局および教会関係者に宛て、犠牲者を悼むメッセージを送られたようです。

 

また、先日、日本で発生した西日本豪雨に対しても、お祈りをしていただいているようです。

教皇、日本の豪雨犠牲者のために祈る
教皇フランシスコは、西日本を襲った豪雨の犠牲者のために祈られた。

外務省でも認識していて、お見舞いメッセージをいただいた国・地域・国際機関のリストにも、バチカンの名前があります。

平成30年7月豪雨(各国・地域・国際機関からの支援・お見舞い)

東日本大震災のときは、お見舞いの表明と、ローマ教皇から天皇陛下に向けてメッセージがあったと記録されていました。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/saigai/pdfs/omimai.pdf

 

ローマ教皇からのお見舞い、感謝申し上げるとともに、復興に向けて皆で協力して進めていきたいですね。