NTT東西が、弔慰(ちょうい)用電報台紙「永菊」と「つゆ菊」を販売開始していました

ニュース

NTT西日本およびNTT東日本(以下、NTT東西)は、2018年6月21日に、新たに弔慰用電報台紙「刺しゅう電報『永菊』」および「刺しゅう電報『つゆ菊』」を2018年7月1日(日)より全国で販売開始すると発表していました。

清楚な小菊を上品にあしらった「刺しゅう電報『永菊』」と、凛と咲く二輪の菊の花を表現した「刺しゅう電報『つゆ菊』」は、葬儀・告別式・法事・法要などのお悔やみの場で、故人を偲ぶ哀悼の意をお届けする電報台紙としてご利用いただけるとのこと。

(1)刺しゅう電報「永菊」
紺色の表紙の四隅に菊の花の銀色の箔押しを施し、中央の窓に小菊が連なり咲くさまを刺しゅうで表現した電報台紙です。
(2)刺しゅう電報「つゆ菊」
薄いグレーの表紙に銀色の箔押しでさまざまな種類の菊の花をあしらい、中央の窓に二輪の菊の花を刺しゅうと箔押しで立体的に表現した電報台紙です。

 

サイズは、「永菊」「つゆ菊」どちらも共通で、

縦22.5cm×横16.5cm

となっています。

 

現在、NTT東西が提供している、弔事用の刺しゅう電報は、今回発売の2種類以外に、4種類あります。


「菊雪花」(きくせつか):3,000円(税抜き)
【西日本エリア限定商品】

「心藍」(しんあい):2,500円(税抜き)

「白菊」(しらぎく):2,000円(税抜き)

「小夜菊」(さよぎく):1,500円(税抜き)

今回、追加された刺しゅう電報「永菊」と「つゆ菊」は、2,000円と1,500円なので、低価格帯の刺しゅう電報のラインナップが追加された形です。

 

先日もお伝えしましたが、NTT東西は、慶事用の刺しゅう電報「鳳凰」を7/1に発売開始する発表をしましたが、それと同時の発表となります。

NTT東西が、慶祝用電報台紙『鳳凰』を新たに発表しました
NTT西日本およびNTT東日本(以下、NTT東西)は、2018年6月21日に、新たに慶祝用電報台紙「刺しゅう電報『鳳凰』」を、2018年7月1日(日)より全国で販売開始すると発表しました。この商品は、慶事にふさわしい金色の表紙に幸福をもたら

また、弔事用ということでいいますと、6/1から弔事用の押花電報「静心」を新規に発売しています。

NTT東西が、新たな弔慰用電報台紙「おし花電報『静心(せいしん)』」の販売を開始していました
NTT東日本およびNTT西日本(以下、NTT東西)は、 新たに弔慰用電報台紙「おし花電報『静心』」を2018年6月1日(金)より 全国で販売開始していたようです。 概要 本商品は、静謐(せいひつ)な印象を感じさせる、 グレーのグラ...

明確なデータはありませんが、NTT東西の電報は、過去の経緯もあり、ダントツのシェアだったことが予想されます。しかし、近年ネット電報が普及する中で、他の電報会社にシェアを譲っている状態なのかもしれません。

そこで、売れ筋の刺しゅう電報のデザインの種類を増やして、既存顧客の確保とシェアの向上を狙っていることが予想されます。

ただ、NTT東西の電報は、費用が他社より高くなってしまう状況です。

例えば、NTT東西とVERY CARDの刺しゅう電報を比較した場合、

NTT東西(D-MAIL) 最安の「小夜菊」 2,110円(税抜き)(注)

 

VERY CARD 2種類から選択 2,040円(税抜き、送料込み)

(注:内訳は、1,500円(台紙代)+送料610円(25文字まで・3日までの申込みで510円))

となり、とくに文字数が多くなってしまった場合、どうしてもNTT東西は高くなってしまうので、費用体系の見直しも今後必要になるかもしれません。

NTT東西(D-MAIL)の送料については、こちらを参照。

D-MAIL(NTT東西)
特長 電報といえばNTT。電電公社。 ということで、電報を送ろうと思ったら、一般にはNTTが最初の候補になるんだと思います。 D-MAILは、NTTが提供しているネット電報サービスです。 当日配送のリミットが、夜19時 NTT...

概要

商品名 刺しゅう電報「永菊」 刺しゅう電報「つゆ菊」
電報台紙料金 2,000円(税抜き)※1 1,500円(税抜)※1
受付・配達地域 全国
受付・配達開始日 2018年7月1日(日)

(※1別途、電報(メッセージ)料等が必要です。)

 

NTT西日本のニュースリリース → http://www.ntt-west.co.jp/news/1806/180621a.html